トップ / 代謝を上げてダイエットを

代謝を上げてダイエットを

ダイエット役立つ成分

ダイエットには酵素と酵母

ダイエット中の方は「酵素」や「酵母」という言葉を耳にしたことがある方が多いのではないでしょうか。両方とも体に良さそうなイメージがありますが、前者と後者の違いについてはどのようなものがあるのでしょうか。まず「酵素」とは、たんぱく質の一種であり、ダイエット食品では植物を発酵させて作ったものを使用していることが多いです。これは体内で食べ物を消化するときや代謝・排泄などをするときに働く成分です。また「酵母」とは前者を作る微生物です。パンやワインなどの発酵にも使われているもので、腸の中で食べ物を発酵させてくれる働きなどがあります。

酵素と酵母はどう違うのか

酵素や酵母でダイエットと言う言葉を良く耳にしますが、違いが分らない人が多くいます。前者はタンパク質で出来ていて、体にとって非常に大事なもので食物の消化吸収、排泄等の働きがあります。でもそれは腸に届いてこそ最大限に発揮されるのですが、胃酸に弱いと言う弱点があります。一方酵母は生物なので酵素を生み出すことも可能で胃酸に強いので腸まで届くことが出来、糖質を分解してくれ、腸内環境を整えてくれて食べ物を腸に吸収させないので太りにくくすると言う働きがあります。だからダイエットをするときは両方一緒に摂ることで相乗効果が生まれます。

↑PAGE TOP